FC2ブログ

雲峰荘~山梨県・裂石温泉 2019年の温泉(59湯目) 10月7日 その1

2019年に行った温泉
12 /18 2019
 
 2019年の59湯目(内番外2湯)は10月7日、山梨県・裂石温泉(さけいしおんせん)の雲峰荘(うんぽうそう)。1部屋だけある日帰り入浴専用の部屋を当日予約して行ってきました。

 この部屋の利用は2~4名限定、11~17時の利用でひとり2000円(混浴露天入り放題、入浴料込み、17時以降も追加料金で滞在可能)。予約優先ですが、予約無しでも使えます。

 なお、部屋を利用しない日帰り入浴は10~13時の間の1回1時間500円です。つまり、部屋を利用すると13時から宿泊客のチェックインが始まる15時以降まで、2時間以上貸し切りの時間が持てます。


59湯目1007雲峰荘その1の01


↓手作り? シャレた成分分析表の掲示です。
59湯目1007雲峰荘その1の02

↓部屋は6畳和室で、川側には十分に広い手作りのバルコニーがあります。
59湯目1007雲峰荘その1の03

↓オブジェ風の御影石もご主人の手作り
59湯目1007雲峰荘その1の04

↓くつろぐ妻アヤメ
59湯目1007雲峰荘その1の05



単純温泉(低張性 アルカリ性 低温泉)


泉温 26.6℃
湧出量 55.7㍑/分(自噴)
PH 9.90

陽イオン 30.1mg/kg
陰イオン 77.7mg/kg


 自噴している自家源泉で、「源泉かけ流し」と「加温のため循環(ろ過なし)」が併記されています。温度が違う複数の菅から浴槽にお湯が注がれているため、かけ流しと加温循環を各々注いでいるのだと思います。



 この日は午前11時に到着した私たちより、先客様が単独男性3名。12時45分には皆さま居なくなり、宿泊の男性2人組がやって来るまでの3時間半ほど貸し切りになりました。

 PH9.9のアルカリ性単純温泉は道後温泉や下呂温泉と非常によく似ている名湯・美肌の湯です。何よりも川の流れと鳥の鳴き声を聞きながらの部屋休憩は「最高に大満足」でした。

 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント

今年最後の湯浴みに雲峰荘へ行ってきました。部屋は借りなかったのですが、入り口が開いてたので、写真だけ撮らせてもらいました。
コタツがあって、ひなびた感じでいい風情でした!

Re: ここの二階

ン~。混浴はすぐ近くてとても便利だと思いますが、泊まる場合はちょっと安心感が無い建物かも(^-^)

安くしてもらいました?


> 今年の春先だっけかな?
> 急に思いついて予約したら本館が一杯で
> ここの二階に泊まりましたよ(^◇^)

ここの二階

今年の春先だっけかな?
急に思いついて予約したら本館が一杯で
ここの二階に泊まりましたよ(^◇^)

幸せの黄色いパンティー

夫婦共通の趣味は温泉旅行。他のご夫婦様やカップル様と一緒に楽しむこともあります。2020年、アヤメは40歳になりました。