fc2ブログ

くつろぎの湯~群馬県・六合温泉郷応徳温泉 2022年の温泉(46湯目) 10月5日

2022年に行った温泉
11 /29 2022
 
 名古屋泊明けの友人夫婦と郡上八幡観光で合流し、飛騨高山、奥飛騨、安曇野を2泊3日で楽しむ予定だったこの日。新型コロナのおかげでこの予定をキャンセルし、私たち夫婦だけの1泊2日旅行になりました。
 泊まったのは群馬県四万温泉でした。


 旅の2日目最終日、四万温泉を出発して草津温泉に向かうことにしました。その途中、道の駅六合(くに)に立ち寄ると「日帰り入浴 くつろぎの湯」という案内板が目に入りました。この道の駅に寄るのは少なくとも3回目ですが、初めて気づき、即決で入浴してみることになりました。

 残っている古い表示から、元々は「六合高齢者センター」という建て物だったようです。現在は道の駅の敷地内のように隣接している「お宿 花まめ」という温泉旅館で入浴受け付けを行い、旅館の裏から階段を下りて施設に入るようになっています。

群馬100503 46湯目 01
群馬100503 46湯目 02
群馬100503 46湯目 03


くつろぎの湯

含硫黄-ナトリウム・カルシウム‐硫酸塩・塩化物温泉
(低張性 弱アルカリ性 高温泉)

●源泉名 応徳温泉 応徳の湯、昭和の湯
●泉温 51.8℃
●湧出量 ※記載無し
●水素イオン濃度(ph値) 7.7
●分析年月日 平成25年7月4日

●陽イオン 301㎎/㎏
(ナトリウムイオン 164㎎/㎏)
(カリウムイオン 3.39㎎/㎏)
(マグネシウムイオン 1.34㎎/㎏)
(カルシウムイオン 132㎎/㎏)
(鉄Ⅱイオン 0.04㎎/㎏)
(マンガンイオン 0.09㎎/㎏)
(アルミニウムイオン 0.05㎎/㎏未満)

●陰イオン 628㎎/㎏
(フッ素イオン 0.7㎎/㎏)
(塩素イオン 165㎎/㎏)
(硫酸イオン 410㎎/㎏)
(炭酸水素イオン 48.9㎎/㎏)
(炭酸イオン 0.1㎎/㎏未満)
(硫化水素イオン 3.6㎎/㎏)

●遊離成分
①非解離成分 80.3㎎/㎏
(メタけい酸 68.3㎎/㎏)
(メタほう酸 12.0㎎/㎏)
②溶存ガス成分 16.3㎎/㎏
(遊離二酸化炭素 15.4㎎/㎏)
(遊離硫化水素 0.9㎎/㎏)

蒸発残留物 1010㎎/㎏
成分総計 1030㎎/㎏


加水の状況 加水はしていません。
加温の状況 加温はしていません。
循環・ろ過状況 循環・ろ過はしていません。
消毒処理の状況 消毒剤は使用していません。


 正午すぎの到着で、男女とも高齢の方が2人いました。設備、客層ともいかにも高齢者センターという何のシャレっ気もありません。しかしここ、なかなかの名湯かもしれません。ほどよい硫黄の香のにごり湯で、泉温51.8℃の源泉を単純にかけ流しています。注ぐ湯量が絶妙で入りやすい温度、刺激も強くない優しい湯でした。意表をついた「大満足」。

 
 
関連記事

コメント

非公開コメント

幸せの黄色いパンティー

夫婦共通の趣味は温泉旅行。他のご夫婦様やカップル様と一緒に楽しむこともあります。2021年、アヤメは41歳になりました。

ブロとも申請は、男性の場合はパートナーの女性を、女性の場合はご自身を写真記事などで公開している「私たちと対等な方」限定で承認させていただきます。