fc2ブログ

四万たむら~群馬県・四万温泉 2022年の温泉(42湯目) 10月4日

2022年に行った温泉
11 /24 2022
 
 名古屋泊明けの友人夫婦と郡上八幡観光で合流し、飛騨高山、奥飛騨、安曇野を2泊3日で楽しむ予定だったこの日。新型コロナのおかげでこの予定をキャンセルし、私たち夫婦だけの1泊2日旅行になりました。
 泊まったのは群馬県四万温泉。10年以上前から日帰り入浴で何度も来ていますが泊まるのは初めて。予算節約のため四万グランドホテルを選びました。


 四万グランドホテルに泊まれば姉妹館である四万たむらの風呂すべてを楽しめます(別途550円が必要)。チェックイン後すぐ、夕食の時刻まで四万たむらの湯をゆっくり楽しみました。2022年、わが家の42湯目です。

 前回の四万たむらは少なくとも5年以上前、雪が深く積もった日の食事付き日帰り入浴。今回訪問時は感染症対策の一環として日帰り入浴はお休みしていました。

群馬100401 42湯目 02
群馬100401 42湯目 01


温泉三昧の宿 四万たむら

掲示その1

ナトリウム・カルシウム‐塩化物・硫酸塩温泉(低張性 中性 温泉)

●源泉名及び湧出地
四万温泉(源泉名:岩根の湯)
群馬県吾妻郡中之条町大字四万字新湯乙4212 丙4212
●泉温 64.5℃
●湧出量 測定せず(自然湧出)
●水素イオン濃度(ph値) 6.3
●調査および試験年月日 平成25年2月22日

●陽イオン 629㎎/㎏
(ナトリウムイオン 445㎎/㎏)
(カリウムイオン 54.9㎎/㎏)
(マグネシウムイオン 1.76㎎/㎏)
(カルシウムイオン 126㎎/㎏)
(鉄Ⅱイオン 0.80㎎/㎏)
(マンガンイオン 0.77㎎/㎏)
(アルミニウムイオン 0.05㎎/㎏未満)

●陰イオン 1061㎎/㎏
(フッ化物イオン 0.7㎎/㎏)
(塩化物イオン 709㎎/㎏)
(硫酸イオン 307㎎/㎏)
(炭酸水素イオン 40.0㎎/㎏)
(炭酸イオン 0.1㎎/㎏未満)
(臭化物イオン 4.6㎎/㎏)

●遊離成分
①非解離成分 187㎎/㎏
(メタけい酸 133㎎/㎏)
(メタほう酸 54.0㎎/㎏)
②溶存ガス成分 24.2㎎/㎏
(遊離二酸化炭素 24.2㎎/㎏)

溶存物質 1880㎎/㎏
成分総計 1900㎎/㎏

掲示その2

ナトリウム・カルシウム‐塩化物温泉(低張性 中性 高温泉)

●源泉名及び湧出地
四万温泉(源泉名:竜宮の湯)
群馬県吾妻郡中之条町大字四万字新湯4201-2
●泉温 75.9℃
●湧出量 測定せず(自然湧出)
●水素イオン濃度(ph値) 6.8
●調査および試験年月日 平成25年2月27日

●陽イオン 848㎎/㎏
(ナトリウムイオン 613㎎/㎏)
(カリウムイオン 80.0㎎/㎏)
(マグネシウムイオン 1.56㎎/㎏)
(カルシウムイオン 152㎎/㎏)
(鉄Ⅱイオン 0.36㎎/㎏)
(マンガンイオン 1.00㎎/㎏)
(アルミニウムイオン 0.05㎎/㎏未満)

●陰イオン 1418㎎/㎏
(フッ化物イオン 0.8㎎/㎏)
(塩化物イオン 1003㎎/㎏)
(硫酸イオン 349㎎/㎏)
(炭酸水素イオン 58.6㎎/㎏)
(炭酸イオン 0.1㎎/㎏未満)
(臭化物イオン 5.7㎎/㎏)

●遊離成分
①非解離成分 249㎎/㎏
(メタけい酸 174㎎/㎏)
(メタほう酸 74.8㎎/㎏)
②溶存ガス成分 27.3㎎/㎏
(遊離二酸化炭素 27.3㎎/㎏)

溶存物質 2510㎎/㎏
成分総計 2540㎎/㎏


加水加温循環ろ過消毒等の掲示は見当たりませんでした。HPには「天然かけ流しの温泉。七本の自家源泉から湧き出る湯量は、毎分1600リットル」と記載されています。


 広く落ち着きがあるロビーでくつろぎながら、7カ所の湯を楽しむことができます。しかし、唯一の混浴である「幻の湯 竜宮」はいつ行っても今回も、何らかの理由で使うことができません。それだけが不満で、そのほかは「超満足」です。翌朝も朝食前に入浴させてもらいました。
 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント

幸せの黄色いパンティー

夫婦共通の趣味は温泉旅行。他のご夫婦様やカップル様と一緒に楽しむこともあります。2021年、アヤメは41歳になりました。

ブロとも申請は、男性の場合はパートナーの女性を、女性の場合はご自身を写真記事などで公開している「私たちと対等な方」限定で承認させていただきます。