fc2ブログ

万葉超音波温泉~信州千曲・戸倉上山田温泉 2022年の温泉(11湯目) 2月13日

2022年に行った温泉
04 /23 2022
 
 戸倉上山田温泉に車で行くと、千曲川の右岸に目立つ万葉超音波温泉が今年の11湯目です。

 駐車場は十分な広さ。券売機で380円の入館料を払って入浴します。休憩スペースは賑わっており、内湯5露天1の浴槽はすべて埋まっていました。1時間前のつるの湯とはまったく雰囲気が違っていました。


 3連休最終日の日曜日の午後2時。まあ仕方ないよねと割り切って、入るスペースができたのを見計らって、その浴槽にサッとお邪魔することの繰り返しでした。

 なぜ超音波なのか…。コチラをクリックしてHPをご覧くださいm(__)m


20220213c 11湯目 01

万葉超音波温泉~大衆浴場 万葉温泉~

アルカリ性単純硫黄温泉
(低張性 アルカリ性 高温泉)

●源泉名及び湧出地
源泉名 翠明荘3号泉
湧出地 長野県千曲市大字磯部1125番地
採水地 同上

●調査及び試験年月日 令和3年6月23日
●泉温 46.2℃
●湧出量 ※記載なし㍑/分(掘削動力揚湯 ボアホールポンプ)
●水素イオン濃度(ph値) 8.8

●陽イオン 144.7㎎/㎏
(リチウムイオン 0.1㎎/㎏)
(ナトリウムイオン 126.5㎎/㎏)
(カリウムイオン 2.4㎎/㎏)
(マグネシウムイオン 0.1㎎/㎏)
(カルシウムイオン 15.5㎎/㎏)
(ストロンチウムイオン 0.1㎎/㎏)
(マンガンイオン 0.02㎎/㎏)
●陰イオン 258.9㎎/㎏
(ふっ化物イオン 1.0㎎/㎏)
(塩化物イオン 128.6㎎/㎏)
(臭化物イオン 0.4㎎/㎏)
(硫化水素イオン 8.4㎎/㎏)
(硫酸イオン 62.7㎎/㎏)
(炭酸水素イオン 49.3㎎/㎏)
(炭酸イオン 8.4㎎/㎏)
●遊離成分
①非解離成分 63.0㎎/㎏
(メタけい酸 58.3㎎/㎏)
(メタほう酸 4.7㎎/㎏)
②溶存ガス成分 0.2㎎/㎏
(遊離硫化水素 0.2㎎/㎏)

溶存物質 466.6㎎/㎏
成分総計 466.8㎎/㎏


~以下、純温泉協会の純温泉認定書~

加水なし
加温なし(5~10月) あり(11月~4月)
消毒なし
循環ろ過装置なし
源泉名(泉源名) 万葉超音波温泉
泉源(源泉)所有 自家源泉
湧出形態 動力揚湯
引湯方法 塩ビ管にて
引湯距離 約50m
ターンオーバー 約2.5時間
浴槽により加水加温あり、またはなし
すべての浴槽で循環ろ過、消毒なし


 30分ほどの入浴で、おもちゃが浮かんだ子ども専用の浴槽にもお子様がひとり。付き添っていたおじいちゃんと思われる男性にはイレズミ(>_<) まあ客層なのか地域性なのか、老若問わず皆さん屈強な雰囲気の方ばかりでした(^^;)

 浴槽の数も客層もバラエティーに富んで広くて賑やかですが、浴槽1個で小さくてももっと満足できる浴場をここ戸倉上山田温泉で体感した後の外湯5湯目だったので、「それなりに満足」の印象でした。



 夫婦そろって3連休だった初日、笠松競馬第2レース三連単2点各5000円を購入して的中。払い戻しは8.8倍で44000円。すぐ妻に伝えると飛騨高山に行くことに決定、しかし到着が遅くなってしまってもったいないと意見一致。できるだけ高山に近づいた適当なところに泊まっておいて、高山には翌日行くことにしました。

 ここぞとばかりに私が好まない伊藤園を「安くて2食付きの伊藤園でいいじゃん」と妻がさっさと検索し、私が了解して予約に進むとその瞬間に満室。中部エリアで空室がある伊藤園リバーサイド上田館のみになりました。改めて予約して場所を検索をすると、信州上田ではなくて千曲市戸倉上山田温泉でした。夫婦で一緒に楽しめる混浴が無いことから敬遠していた戸倉上山田温泉。こんな経緯で初めてお邪魔することになりました。

 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント

幸せの黄色いパンティー

夫婦共通の趣味は温泉旅行。他のご夫婦様やカップル様と一緒に楽しむこともあります。2021年、アヤメは41歳になりました。

ブロとも申請は、男性の場合はパートナーの女性を、女性の場合はご自身を写真記事などで公開している「私たちと対等な方」限定で承認させていただきます。