fc2ブログ

七沢荘~神奈川県厚木市 七沢温泉 2021年の温泉(14湯目) 3月15日

2021年に行った温泉
04 /23 2021
 
 ここの大将ぜったいアホやで! とか言いながら繰り返し行ってしまうのが今年の14湯目、神奈川県厚木市・七沢温泉の七沢荘

 HPの「七沢荘には、“気”に由来するちょっとへんてこなものがいくつかあります。何か気を感じるという人もいれば、全く感じない人もいます。はじめて見る方も、是非ニヤリと楽しんでいただければ幸いです」という案内。私は“気”など感じようともしない人なのですが、術中にはまって毎回ついつい「ニヤリ」としてしまいます。


2021の14湯目01


七沢荘

アルカリ性単純温泉( アルカリ性 低張性 低温泉)

源泉名 七沢温泉 厚木第13号

温泉成分の分析年月日 平成29年5月29日

泉温 源泉 26.1℃ 使用位置 50~55℃
湧水量 ※記載無し㍑/分
PH 9.8

陽イオン ※記載無し㎎/㎏
(ナトリウムイオン 111㎎/㎏)
(鉄Ⅱイオン 2.54㎎/㎏)

陰イオン ※記載無し㎎/㎏
(塩化物イオン 30.0㎎/㎏)
(硫酸イオン 72.9㎎/㎏)
(炭酸水素イオン 83.1㎎/㎏)
(メタケイ酸イオン 44.4㎎/㎏)
(メタケイ酸Ⅱイオン 0.55㎎/㎏)
(メタホウ酸イオン 7.52㎎/㎏)

遊離成分
メタケイ酸 35.7㎎/㎏
メタホウ酸 1.93㎎/㎏

溶存物質 434㎎/㎏
成分総計 434㎎/㎏

放流・循環併用式、加水なし、加温あり

加温の理由 源泉温度が低いため
循環装置等を使用する理由 蘆花装置による水質衛生管理の為
消毒処理を行う理由 浴槽水を衛生的に管理する為
消毒の方法 オゾン殺菌、紫外線殺菌、銀イオン殺菌、モノクロラミン消毒


 上記は最新の分析表データの抜粋です。他にふたつの掲示がありました。一番古い表示は平成4年の分析でアルカリ単純温泉。

 平成19年の分析表では源泉温度が24.0℃で単純温泉の要件を満たしておらず、「温泉法第二条別表に規定するメタケイ酸の項により温泉に該当する」と表記されています。PH10.3、成分総計263㎎/㎏、陰イオンのメタケイ酸イオン46.5㎎/㎏、メタケイ酸Ⅱイオン1.82㎎/㎏、遊離成分のメタケイ酸11.9㎎/㎏。ん? 「温泉法第二条別表に規定するメタケイ酸の項」では50.0㎎/㎏以上の含有で温泉に該当することになっていますが…。陰イオンと遊離成分の「メタケイ酸」の合計で良いということなのか? 詳しい方、教えてくださいm(__)m

 ここの風呂には不満がひとつあります。トロトロの肌触りで強アルカリ性のため非常に湯あたりしやすいのですが、浴槽のどこに入ってもけっこう熱い。なのでゆったりとつかれないのです。加温の調整をなんとかしてほしいです。長時間湯冷ましをしてもぜんぜんダメです。

 好きなのは足湯も併設している広々としたウッドデッキ(コチラをクリックしてHPの写真や案内もご覧ください)。まあ、何度も日帰り入浴でいっていますが、足湯に湯がはっていたことは一度もありません(^^) それでも好きです。

 満足度は差し置き、湯の温度管理に不満を持ちながらも「結局また日帰りでリピートしてしまうんだなぁ」という温泉宿です。

 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント

せきさん Re: タイトルなし

こんにちは。神奈川県の温泉といえば箱根、湯河原ですが、七沢温泉はそれほどの混雑も無く、価格も手ごろで新鮮な湯に入られるのでよろしいかと思います(^_^;)

神奈川に住んでますが行ったことありませんでした。参考になります~。(^-^)

幸せの黄色いパンティー

夫婦共通の趣味は温泉旅行。他のご夫婦様やカップル様と一緒に楽しむこともあります。2021年、アヤメは41歳になりました。

ブロとも申請は、男性の場合はパートナーの女性を、女性の場合はご自身を写真記事などで公開している「私たちと対等な方」限定で承認させていただきます。