FC2ブログ

白旗の湯~群馬県・草津温泉 2021年の温泉(07湯目) 2月4日

2021年に行った温泉
03 /08 2021
 
 群馬県草津温泉。ここがそれほど好きでなくても、「温泉好き」ならばだいたい2度3度は行ってて、そこそこ詳しく説明できる観光地ではないでしょうか? 今年の7湯目、熱いですが一応「白旗の湯」は皆さまオススメする湯だと思います。

 あくまで地元の方の生活のために地元が管理している共同浴場ですので、「もらい湯」の気持ちで入浴させてもらってください。

西の河原露天風呂を出たら車を湯畑観光駐車場に移動し、光泉寺を歩いて階段を下りると5分以内で湯畑に着きます。
2021の07湯目06

↓しかしその湯畑の手前にひっそりと、いや、堂々と「鎮座」しているのがまた湯畑の湯とは違う白旗源泉です。
2021の07湯目04
2021の07湯目05

↓あまりにも派手に湯畑が目の前にあるために勘違いしそうですが、誰でも自由に入浴できるここ「白旗の湯」は、白旗源泉を引湯している無料の共同浴場です。
2021の07湯目01
2021の07湯目02
2021の07湯目03

白旗の湯

酸性・含硫黄‐アルミニウム‐硫酸塩・塩化物温泉[硫化水素型]
(低張性 酸性 高温泉)

源泉名および湧出地 草津温泉(源泉名:白旗源泉)
群馬県吾妻郡草津町大字草津字西町481の2
調査および試験年月日 平成25年4月24日

泉温 50.8℃
湧水量 測定せず(自然湧出)
PH 2.1

陽イオン 267㎎/㎏
(ナトリウムイオン 54.4㎎/㎏)
(カリウムイオン 26.5㎎/㎏)
(マグネシウムイオン 37.4㎎/㎏)
(カルシウムイオン 76.5㎎/㎏)
(鉄Ⅱイオン 17.6㎎/㎏)

陰イオン 1167㎎/㎏
(塩化物イオン 310.0㎎/㎏)
(硫酸イオン 651.0㎎/㎏)

メタケイ酸 216.0㎎/㎏
遊離二酸化炭素 7.7㎎/㎏

溶存物質 1660㎎/㎏
成分総計 1760㎎/㎏


加水無し
加温無し 
循環・ろ過無し
消毒無し


 20㍍ほどの距離の位置で沸いている50.8℃の源泉をかけ流ししているため、とにかく熱いです。ふたつの浴槽のうち、脱衣所から入って左側は少々ぬるく、浴槽のところに源泉を汲んだポリ容器があるので、それを入れて気持ち冷ますこともできます。使ったらまた源泉を汲んでおいてあげてください。

 私は毎回、熱いほうの浴槽の側に座り、桶で汲んだ湯をタオルで体にかけて徐々に慣らしていきます。他の客で浴槽が混んでいたり、あまりにも熱いときはこれを繰り返すだけで出るときもありますが、けっこうそれでも十分に温まります。

 先客で居た地元の方や、後から来た方たちと世間話などをしながら過ごすこと約30分。今回も「大満足」な時間でした。

 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント

ゆずレモンさん Re: タイトルなし

まさに階段の真横(^^;) そこでしたか。
私この時期に草津に行ったのは、一般的なウイルスの生息可能なPH値が3~8という北里大学教授の論文が頭の中にあったからなんです。だだの水道水で手洗いするだけでも9割のウイルスを除去できますので、とにかく風呂に入っていればほぼ安心。さらにPH2程度の草津の湯がたっぷり浮遊している湯畑周辺ならば、まあ安心だろうなと考えたからなんです(^^;)

こんばんは!
自分たちが泊まった旅館は、ぬ志勇旅館というところで、階段の脇に玄関がありました。

コロナ渦ですが、草津温泉はホントに若い方も多くて活気がありましたが、逆にちょっと密で心配でもありました😅

早く気兼ねなく温泉旅行に行きたいですね!

ゆずレモンさん Re: タイトルなし

左手前の階段沿いの旅館ですかね?
いやしかし、湯畑付近を歩いていても若い人が多いので、草津もなかなか気分転換になりますな(^_^;)

こんばんは!
自分たちが、秋に泊まった旅館は白旗源泉を引いていました!
一枚目の写真の右側に、微かに写ってますかね?
コロナが落ち着いてきた、また草津温泉も行きたいものです。

幸せの黄色いパンティー

夫婦共通の趣味は温泉旅行。他のご夫婦様やカップル様と一緒に楽しむこともあります。2020年、アヤメは40歳になりました。