FC2ブログ

カントリーハウス 渓山荘 その1~信州のりくら温泉郷 すずらん温泉 2021年の温泉(02湯目) 1月3日

2021年に行った温泉
02 /01 2021
 
 正月3日午前、4年連続になってしまった信州での初詣で。鹿教湯文殊堂&四柱神社&生島足島神社諏訪大社真田神社に続いて今年は善光寺。そして宿泊は信州のりくら温泉郷 すずらん温泉の「カントリーハウス 渓山荘」を選びました。今年の2湯目です。

 この日の宿泊は私たちともう1組のご夫婦で2組4名。タイヤのプラットホームが露出していて少々不安な車の状態でしたが、安全な場所で事前に急ブレーキと急ハンドルでスリップチェック。難無く到着できました。そこにもう1組のご夫婦が宿の車にけん引されて到着。車種はワゴンR。新品のスタッドレスタイヤにチェーンも巻いていました。途中で滑って動けなくなったそうです。わが家も軽自動車ですが、四駆マニュアルは強い(^^)/

 温泉は4カ所5槽。チェックインしてすぐ、日が暮れる前に離れの露天(かもしかの湯)に入浴しました。

2021 02湯目 01
2021 02湯目 02
2021 02湯目 03
2021 02湯目 04
2021 02湯目 05


 宿の掲示をちゃんとチェックしなかったのですが、湯川温泉と書いてあったので近くの湯けむり館せせらぎの湯と同じだと思います。なので以前撮影しておいたそこのデータをそのまま書き写しておきます。↓

単純硫黄温泉(硫化水素型)
(低張性 弱酸性 高温泉)

源泉名 湯川温泉
湧水地 長野県松本市安曇4196‐1

泉温 46.8℃
湧水量 記載無し
PH 3.20

陽イオン 172.1㎎/㎏
(ナトリウムイオン 62.8㎎/㎏)
(カルシウムイオン 61.5㎎/㎏)
(鉄Ⅱイオン 0.1㎎/㎏)

陰イオン 422.5㎎/㎏
(塩化物イオン 77.2㎎/㎏)
(硫酸イオン 336.8㎎/㎏)

メタケイ酸 70.7㎎/㎏
遊離二酸化炭素 202.0㎎/㎏
遊離硫化水素 35.4㎎/㎏

溶存物質 671.7㎎/㎏
成分総計 909.1㎎/㎏

温泉分析年月日 平成27年11月6日

↓追記としてHPに書いていることをコピーしておきます。

乗鞍高原温泉の乳白色の温泉は非常に多くの硫黄分を含有し、酸性が強く、殺菌力が強い温泉です

温泉成分が毛穴を刺激し、新陳代謝も活発になり、湯冷めもしにくいです

湯口から流れますかけ流し湯はほぼ透明ですが、空気に触れますと白い湯の花が生じます。

細かい粒子は湯中に浮遊し,大きくなった物は沈澱致します。 これらが相まって白濁した湯となります。

当館のお風呂は源泉引湯掛け流し(かもしかの湯のみ循環湯、常時浴槽内加温になります)

冬季など気温や湯温の低い時期に浴槽内加温をする以外、加水等のない100%天然の温泉となっております。

源泉地・・・湯川上流(自然湧出)
源泉温度・49℃
泉質・・・・酸性硫化水素泉 

 連泊して丸1日を過ごしてみたい造り。食堂の一角には20畳ほどの薪ストーブが設置されたじゅうたんのスペース。煙突からサンタクロースが入って来るみたいなディズニー映画が想像できる雰囲気。子どもが目いっぱい這って遊べそう。

 母屋と浴室棟を繋ぐ部分は広くて暖かい湯上がり処になっていてここも魅力的。こんな自宅が欲しいと感じた大満足の1泊でした。

 浴槽内加温と書いていますが、ボイラーで加温した湯を浴槽に注いでいたようにしか見えませんでした。湯のこととか書きたいこといっぱいありますが、またリピートしたときにしておきます。

 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント

ひでさん Re: 良い感じ

そうそう、乗鞍高原から白骨温泉に行くスーパー林道の入り口付近です。野性味と家庭の温かさが混在したなかなかの宿でした。それと、すぐ近くで同じように思える硫黄泉なのですが、白骨温泉は中性、乗鞍は酸性なのでハシゴお勧めです(^-^)/

良い感じ

白骨行く途中?ってかんじですかね

お湯の色も綺麗ですしお泊りで行ってみたいですね(^_-)-☆

幸せの黄色いパンティー

夫婦共通の趣味は温泉旅行。他のご夫婦様やカップル様と一緒に楽しむこともあります。2020年、アヤメは40歳になりました。