FC2ブログ

泡の湯旅館~信州白骨温泉 2021年の温泉(01湯目) 1月3日

2021年に行った温泉
01 /31 2021
 
 2021年元日は夜勤入り、2日夜勤明け。3日午前、善光寺に初詣で。そして宿泊は乗鞍高原。チェックインまでにはけっこう時間があったため白骨温泉へ。あちこち行ってみましたが、日帰り入浴ができるのは泡の湯旅館だけでした。

 正午すぎの少々遅い到着で、日帰り入浴の待合所には6組約30名の人。駐車場もほぼ満車でほとんどが小 学 生連れの家族。密です。入場制限のため20分ほど待っての案内でした。

2021 01湯目 a


泡の湯旅館

含硫黄‐カルシウム・マグネシウム‐炭酸水素温泉[硫化水素型]
(低張性 中性 温泉)

源泉名 新泡の湯温泉
湧出地 長野県松本市安曇4181の8(源泉にて採水)

調査及び試験年月日 平成27年7月16日
泉温 36.0℃
湧出量 (掘削による自噴)
水素イオン濃度(ph値) 6.5

陽イオン 269.3㎎/㎏
(ナトリウムイオン 44.3㎎/㎏)
(マグネシウムイオン 38.0㎎/㎏)
(カルシウムイオン 169.9㎎/㎏)

陰イオン 802.0㎎/㎏
(塩化物イオン 47.2㎎/㎏)
(硫化水素イオン 1.3㎎/㎏未満)
(硫酸イオン 12.3㎎/㎏)
(炭酸水素イオン 740.5㎎/㎏)

メタケイ酸 32.8㎎/㎏
遊離二酸化炭素 299.5㎎/㎏
遊離硫化水素 4.7㎎/㎏未満

溶存物質 1108㎎/㎏
成分総計 1412㎎/㎏

※湧出量は平成17年6月22日の調査日で毎分1510㍑との記載が別途ありました。

※循環ろ過装置の使用など、源泉の利用方法が浴槽ごとに詳細掲示されていました。ここでは省略します。


 とにかく子連れ家族でいっぱい。ここは池の平かという状態でした。

 しかし正月3日、こんな豪雪の山奥へ午前10時半からわずか3時間の受け付け時間内に自家用車で子連れ。しかもメーンは混浴。もう環境を熟知している人しか来ないと考えられます。

 なので、待合室でも風呂でも皆さん入浴マナーや感染予防のための行動がとても自然なため、けっこうな混雑でしたが非常に快適な日帰り入浴でした。なお、この日の湯は乳緑色といった感じでした。大満足!

 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント

ゆずレモンさん Re: タイトルなし

この日はそこそこ温度が高めで入り易かったです。なので、そう、まさにその「人気エリア」がこの日はスポットにならずにみんな自然な感じでバラけていました(^_^;)

私実は、コチラよりも隣の丸栄旅館のほうが好きなんですよ( ̄- ̄)ゞ

ひでさん Re: いつも混んでますね

私ここでワニの類は見たことないですね(^-^)
あと、公共野天は昨シーズンは営業していたようです。

こんばんは!
別浴ですが、内湯も含め結構好きな温泉宿です!
この時期の露天風呂は、湯温も低く寒かったのではないでしょうか?

中央付近の温かいエリアは人気スポットですね!

いつも混んでますね

それじゃワニさんはあんまり出没できないのかな?
逆にロリワニとかが集まったりして(>_<)

もう川原の露天は再開しないんでしょうね・・

幸せの黄色いパンティー

夫婦共通の趣味は温泉旅行。他のご夫婦様やカップル様と一緒に楽しむこともあります。2020年、アヤメは40歳になりました。