FC2ブログ

寺の湯~栃木県・塩原温泉郷 奥塩原 新湯温泉 2019年の温泉(56湯目) 9月23日

今年行った温泉
12 /11 2019
 
 今年2度目の寺の湯が、2019年の56湯目(内番外2湯)になりました。さとみちゃんとの入浴です。源泉のデータなど詳細はコチラをクリックして前回の記事をご覧ください。

マガブロには1分31秒の動画を掲載しています。



↓まだ混浴2度目のさとみちゃんにとって、男性ばかり7人の寺の湯はちょっと難易度高いかなと思い、しばらく付近で時間を潰しました。
0923寺01
0923寺02

↓先客様が男性3名に減ったところで入浴開始。
0923寺03
0923寺04
0923寺05
0923寺06
0923寺07

 さとみちゃんが脱ぎ終えてすぐ2名の男性客。それからまもなくバラバラと単独男性客ばかりが増えて、一気に男性客は単独の雰囲気の方ばかり11人。中には2時間前からずっと路上駐車して車中待機していた方も居ました。

 中での撮影は諦めて、さとみちゃんも初めての寺の湯は5分も漬からずに退散。日ごろ平日しか知らない私たち、これが休日の怖さだと思い知りました。

 それでも今回の入浴は「それなりに満足」。さとみちゃんも特に嫌がる雰囲気も無く苦笑いしていました。

 
 
 

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

ゑびすや~栃木県・塩原温泉郷 奥塩原 元湯温泉 2019年の温泉(55湯目) 9月23日

今年行った温泉
12 /10 2019
 
 1年9カ月ぶりの訪問になりました。栃木県・塩原温泉郷 奥塩原 元湯温泉のゑびすやさんが今年の55湯目(内番外2湯)です。

 2カ月に1度のペースで来ていた名湯でしたが、救急搬送(詳しくはコチラをクリックしてご覧ください)以来の訪問。今回はさとみちゃんが同行しての入浴です。


 ここは女性内湯と混浴内湯の2カ所のみ。塩原最古の源泉である梶原の湯は、女性側の内湯から勇気を出して扉を開き、混浴に来なければ入浴できません。

 混浴には先客で単独男性が3名。私が入ると同時に単独で女性が入ってきました。東北の方で年齢は30代と。前夜に車で単身塩原に到着し、ここゑびすやの梶原の湯に入浴するために車中泊をしての訪問だそうです。

 まもなく単独男性はおじいちゃん1人だけになり、そこにさとみちゃんも入ってきました。
そして1時間半が経過。残った1人のおじいちゃんが女性2名にずっと話しかけていて、なかなか出ない。みんな浴槽につかりっきり。

 しびれを切らした私が「では私たちそろそろ…」と切り出すと、そのおじいちゃんも「私も出ますか」と、呼応してきました。で、女性たちは彼が出るのを待っていましたが、それから5分ほどが経過してもやっぱり出ない…。


↓皆さまに了承をいただいて撮影しながら「このじいちゃん絶対に出ないから、もう見せてやれ」と、私からさとみちゃんに耳打ち。
0923えびすや01

↓するとさとみちゃん、浴槽内をするするっと、このおじいちゃんの前に移動。
0923えびすや02

↓正面に座り、とりあえず前だけ隠して乳首は透けスケのサービス。


↓おじいちゃんにはカメラを持った私の横に移動していただき、さとみちゃんはタオルを外しての大サービス。


↓これでどうだと言わんばかりに立ち上がったさとみちゃん。この後、私たちが引き上げるとおじいちゃんもさっさと脱衣所に出ていきました。東北から来られた女性もそれからのんびりとひとりで入浴を堪能していました。



弘法の湯

含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)
(中性 低張性 高温泉)


泉温 52.8℃
湧出量 14.6㍑/分
PH 6.9


陽イオン  1202.5mg/kg
(ナトリウムイオン 964.1mg/kg)

陰イオン 2495.0mg/kg
(塩素イオン 910.2mg/kg)
(炭酸水素イオン 1490.1mg/kg)

メタケイ酸 45.3mg/kg
遊離二酸化炭素 314.0mg/kg

成分総計 4316mg/kg
溶存物質 3972mg/kg



梶原の湯(塩原最古の源泉)

含硫黄-ナトリウム-炭酸水素・塩化物温泉(硫化水素型)
(低張性 アルカリ性 温泉)


泉温 40.8℃
湧出量 17.4㍑/分
PH 6.5


陽イオン  959.8mg/kg
(ナトリウムイオン 735.5mg/kg)

陰イオン 2495.0mg/kg
(塩素イオン 706.3mg/kg)
(炭酸水素イオン 1250.4mg/kg)

メタケイ酸 112.7mg/kg
遊離二酸化炭素 620.5mg/kg

成分総計 3878mg/kg
溶存物質 3221mg/kg



 この湯に入ると、ホントに4~5日は胃腸の調子が良く、体の疲れや痛みが緩和されるのは毎回実感します。そして温泉で一期一会の時間を過ごすのは至福でありますが、女性も居ることも含めて少し考慮がほしかったなと思うおじいちゃんとの出会いがありました。まあ、今回も「大満足」ではありました。
 
 
 
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

温泉コテージ桜の丘~栃木県・那須高原 2019年の温泉(54湯目) 9月15日

今年行った温泉
12 /09 2019
 
 今年の54湯目(内番外2湯)は栃木県・那須高原の温泉コテージ桜の丘。前夜奥鬼怒で泊まった男女8人に4人家族が加わりました。

 この家族のご夫婦、私が7年半前に結婚式の司会を担当させていただいた仲でしたが、それ以来お互いの生活環境の激変、引っ越しにより連絡が途絶えてしまいました。共通の知人を介して7年半ぶりの再会。5歳と3歳のお子様を連れての参加です。


↓到着するとさっそくバーべキューの準備。このLDKでも20人ほどが2列に並んで食事をすることができます。
よささ02

↓一番広い24畳の部屋。すでに子どもが遊んだ状態です。
よささ03

↓その隣に6畳の部屋。ご家族に使ってもらいました。
よささ04

↓奥にはさらに12畳の部屋。
よささ05

↓風呂は左右対称に2カ所。男女や家族に分かれて使えます。
よささ01


↓午後4時半ごろ、準備完了してバーべキューがスタート。約7時間楽しみました。
よささ06


アルカリ性単純温泉
(低張性 アルカリ性 温泉)


加温かけ流し


泉温 43.0℃
PH 9.0


陽イオン  96.7mg/kg
陰イオン 197.0mg/kg


メタケイ酸 45.3mg/kg


成分総計 340mg/kg
溶存物質 340mg/kg



 温泉成分は極薄で、けっこう強めのアルカリ性。とてもとてもザックリですが、道後温泉や下呂温泉など、古くから名湯といわれる温泉地に多くみられるお湯と非常によく似ています。

 しかし今回のこの1泊は温泉に関係なく「大満足の一夜」であったことは間違いなしです。

 
 
 

八丁湯~栃木県・奥鬼怒温泉郷 2019年の温泉(53湯目) 9月15日

今年行った温泉
12 /08 2019
 
 加仁湯をチェックアウトした9月15日朝、今年の53湯目(内番外2湯)となる八丁湯まで10分ほど歩いて向かいました。

八丁の湯01
八丁の湯02
八丁の湯03
八丁の湯04


 加仁湯に続き女性の皆様、ココでもガチガチのタオル巻き。お湯の成分分析表は録画したつもりでしたが、カメラのスタートボタンを押していなかったようで残念ながら録画されていませんでした。なので泉質についてはコチラをクリックしてHPをご覧ください。

 私が好きなのはあくまで萎びた雰囲気ですが、ココ八丁湯は全体がモダンなログハウス。いつでも温泉が身近に感じられる造りと開放感は大満足でした。お湯は圧倒的に加仁湯をひいきしますが、その他は圧勝の、八丁湯に改めて「大満足」でした。

 
 
 

加仁湯~栃木県・奥鬼怒温泉郷 2019年の温泉(52湯目) 9月14日

今年行った温泉
12 /06 2019
 
 
加仁湯02

 男女8人秋物語。 いや、特に物語りなどは無く、ごくごく普通の旅行となった今年の52湯目(内番外2湯)は9月14日、栃木県奥鬼怒温泉郷の加仁湯でした。

 今から16年前、私たち夫婦はPC☆MAXというサイトに登録をして「アダルト写真コンテスト」に投稿をしていました。そこで出会った面々が各々の繋がりから連絡を取り合い、8年ぶりに今回の一堂に会した旅行になりました。


加仁湯02


↓奥鬼怒への入り口、女夫渕温泉ホテルの跡地。すっかりほぼ更地になっていました。
加仁湯01


加仁湯での女性たちはガチガチのタオル巻き。以前はみんなアダルトコンテストで平気で自撮りエロ動画像を投稿していましたが…
加仁湯03


↓翌朝、みんなで歩いて八丁湯に向かいました。
加仁湯04

 加仁湯には5つの源泉があり、各々比べて入浴できるようになっています。成分分析表など、源泉のデータはコチラをクリックしてHPをご覧ください。


 以前は開放的だった混浴露天が現在は各々に仕切られたり、新しい建て物ができていたりしてまったく開放感が無くなっていました。もちろん源泉は名湯であることに変わりはありません。

 また、以前は食堂が畳の上に座布団が置かれているスタイルでしたが、今回はテーブル席になっていました。スタッフの皆様、気さくに笑顔で良かったのですが、頼んだ乾杯のビールが届くまで10分以上かかりました。

 お湯はもちろん「大満足」ですが、その他は「以前に比べておもいっきり不満」でした。

 
 
 

幸せの黄色いパンティー

夫婦共通の趣味は温泉旅行。他の夫婦やカップル様と一緒に楽しむこともあります。「お楽しみ」は必ず主人が撮影します。私「幸せの黄色いパンティー」は、動画像では「人妻アヤメ」として登場するその本人です。